クリニックの開業についての情報サイト

クリニックとは

クリニックとは、とは、診療所や個人病院(医院)や各専門分野の病院全般を表すというぐあいに、医療全般の分野をあらわす言葉です。

 

診療所は、医師もしくは歯科医師が診療を行う場所のことで、日本の医療法における医療機関の機能別区分のうちの一つです。

 

医師又は歯科医師が、公衆又は特定多数人のため医業又は歯科医業を行う場所であって、患者を入院させるための施設を有しないもの又は19人以下の患者を入院させるための施設を有するものをいいます(医療法第1条の5第2項)。

 

診療所は、これに病院、病院分院、産院その他病院もしくは助産所に紛らわしい名称をつけることができません(同法第3条第2項)。

 

許可・届出上の名称として、「〜クリニック」が多く見られます。

いずれの場合も、管理者は医師又は歯科医師でなければならなく(同法第10条)、この場合の開設に当たっては、所在地の都道府県知事の開設許可が必要となります。

 

また、医療法により、広告・宣伝には数々の規制があります。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、
卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

病院との違い

クリニックとは、とは、診療所や個人病院(医院)や各専門分野の病院全般を表すというぐあいに、医療全般の分野をあらわす言葉です。

 

病院と診療所(クリニック)との違い

 

「診療所(クリニック)」
入院設備がない、または入院ベッドが19床以下。外来医療が中心で、軽い病気か病院での入院治療や専門治療が必要な病気かを判断する機能を持っています。
「病院」
入院ベッドが20床以上。入院医療を主体にしており、救急医療や専門医療、高度医療などを専門とする大病院から、診療所のような機能を持つ小さな病院まで、様々な形態がります

 

大きく分けて、診療所は外来、病院は入院という機能分担があるにもかかわらず、軽症の外来患者さんまでが大病院に行く傾向があり、様々な問題が起こっているのが現状です。大病院の外来が大混雑、風邪などの軽症の患者さんまでが大病院に集中し、待ち時間が長いだけでなく、本当に高度で専門的な診療が必要な患者さんにまで影響しています。

 

大病院は、高度医療が中心となっていますから、専門の診療科に細分化されており、何科を受診してよいかがわかりません。また、かかった診療科の専門外の病気であったり、近くの診療所で十分治療が可能な病気であったりなど、時間的にも無駄が生じる場合もあります。大病院志向の問題を解決するには、医療機関の機能を良く知り、上手に受診することが大切です。診療所と病院は、患者の診療・治療をスムーズにするために、相互連携を行っています。

 

開業医と勤務医

勤務医から開業医へと転向する医師が増加しています。その要因として、主に外来診療のみを基本としている開業医が多い事から、過酷な労働条件である場合が多い勤務医に比較して、多くの場合勤務時間が比較的時間通り、(自分で勤務時間を自由に決められる)という点が挙げられます。また、勤務医に比べ、収入が高額であるとされる事も挙げられ、勤務医不足の原因として診療報酬改定の議論が持ち上がっていますが、開業医の団体である日本医師会が反発しています。

 

以前は医師不足解消の目的に税制面などで優遇された経緯があり、一般的に経営が非常に潤っていた歴史がありました。特に1970年代には開業医が長者番付や脱税報道にたびたび登場し、医師の高給を印象づけました。しかしその後、診療報酬や税法の改定が相次ぎ、苦しい経営を強いられるようになりました。最近の試算では平均的な開業医の手取り所得は1070万円とされ、同規模の事業所有者と所得差はないか、むしろ低いとされています。また、大手商社3社における一般職サラリーマンの同年の平均所得が1400万円超であることと比較すると、退職金を除く給与所得だけでも医師の賃金の方が低いことになります。また、開業医には退職金がなく、医師は開業するまでに大学院、研究生、留学などの無給期間があることを計算に入れれば、同レベルの学歴を持った一般的な高額所得の職種と比較して生涯賃金が際立って高いとは言えないでしょう。