調剤薬局監修病院との違い

クリニックと病院はどう違うのでしょうか?

病院と診療所(クリニック)との違い

 

「診療所(クリニック)」
入院設備がない、または入院ベッドが19床以下。外来医療が中心で、軽い病気か病院での入院治療や専門治療が必要な病気かを判断する機能を持っています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

「病院」
入院ベッドが20床以上。入院医療を主体にしており、救急医療や専門医療、高度医療などを専門とする大病院から、診療所のような機能を持つ小さな病院まで、様々な形態がります

 

大きく分けて、診療所は外来、病院は入院という機能分担があるにもかかわらず、軽症の外来患者さんまでが大病院に行く傾向があり、様々な問題が起こっているのが現状です。大病院の外来が大混雑、風邪などの軽症の患者さんまでが大病院に集中し、待ち時間が長いだけでなく、本当に高度で専門的な診療が必要な患者さんにまで影響しています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

大病院は、高度医療が中心となっていますから、専門の診療科に細分化されており、何科を受診してよいかがわかりません。また、かかった診療科の専門外の病気であったり、近くの診療所で十分治療が可能な病気であったりなど、時間的にも無駄が生じる場合もあります。 大病院志向の問題を解決するには、医療機関の機能を良く知り、上手に受診することが大切です。診療所と病院は、患者の診療・治療をスムーズにするために、相互連携を行っています。

 

薬剤師 募集