調剤薬局監修開業医と勤務医について

開業医と勤務医のそれぞれのメリットとデメリット

勤務医から開業医へと転向する医師が増加しています。その要因として、主に外来診療のみを基本としている開業医が多い事から、過酷な労働条件である場合が多い勤務医に比較して、多くの場合勤務時間が比較的時間通り、(自分で勤務時間を自由に決められる)という点が挙げられます。また、勤務医に比べ、収入が高額であるとされる事も挙げられ、勤務医不足の原因として診療報酬改定の議論が持ち上がっていますが、開業医の団体である日本医師会が反発しています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

以前は医師不足解消の目的に税制面などで優遇された経緯があり、一般的に経営が非常に潤っていた歴史がありました。特に1970年代には開業医が長者番付や脱税報道にたびたび登場し、医師の高給を印象づけました。しかしその後、診療報酬や税法の改定が相次ぎ、苦しい経営を強いられるようになりました。最近の試算では平均的な開業医の手取り所得は1070万円とされ、同規模の事業所有者と所得差はないか、むしろ低いとされています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

また、大手商社3社における一般職サラリーマンの同年の平均所得が1400万円超であることと比較すると、退職金を除く給与所得だけでも医師の賃金の方が低いことになります。また、開業医には退職金がなく、医師は開業するまでに大学院、研究生、留学などの無給期間があることを計算に入れれば、同レベルの学歴を持った一般的な高額所得の職種と比較して生涯賃金が際立って高いとは言えないでしょう。

 

薬剤師 就職