調剤薬局監修医師国家試験とは

医師の国家試験について

医師国家試験とは、日本で行われる医師国家資格のための国家試験です。医師法第9条に基づいて行われ、その規定は同じく医師法第9-16条に定められています。大学医学部(医学科)を卒業することが受験の前提条件となっており、医学部への受験競争が激化している分、医師国家試験そのものの合格率は、殆どの大学で合格率90パーセントと、高くなっています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

 

「受験資格」
・学校教育法に基づく大学において、医学の正規の課程(医学部医学科・6年制)を修めて卒業した者。
・防衛医科大学校卒業生(防衛庁設置法第19条)。
・医師国家試験予備試験に合格した者で、合格した後1年以上の診療及び公衆衛生に関する実地修練を経た者。
・外国の医学校を卒業し、又は外国で医師免許を得た者であって、厚生労働大臣が上記の二つと同等以上の学力及び技能を有し、かつ、適当と認定した者。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

・沖縄の復帰に伴う厚生省関係法令の適用の特別措置等に関する政令第17条第1項の規定により、沖縄復帰前に琉球政府の医師法(1955年立法第74号)の規定による医師免許を受けたものとみなされる者であって、厚生労働大臣が認定した者。

 

「試験構成」
現在、試験は3日間、計500題の選択肢問題で行われています。それぞれ一般問題1点、臨床実地問題3点で計算されます。また、2もしくは3問以上選択するとそれだけで不合格となる禁忌肢問題が含まれています。

 

薬剤師国家試験

 

神戸・三宮・元町のヨガ教室なら、ヨガインストラクターの北野 恵理