調剤薬局監修クリニックの開業場所はどのような基準で選ぶの?

開業場所を選ぶポイント

開業場所の選定は、開業の第1プロセスではありますが、 開業が成功するか否かの最重要なポイントになります。つまり開業の成否の要因は、この開業場所がかなりの割合を占めます。開業場所のポイントとしては、診療科目や診療スタイルに応じた患者の年齢層や特徴を明確にします。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

一般的に開業地に適しているといわれるのは、人口が多い地域 ・将来、人口が増加傾向にある地域・自分の出身地周辺・現在の勤務地周辺といわれています。最近では、関連病院と病診連携が取りやすい地域というのも検討するドクターも少なくありません。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

以上のようなポイントを整理した上で開業地の選定をしていきます。まずその土地の用途地域が医院の許可が得られる地域かどうかを調査する必要があります。たとえばその地域が農業振興地域に指定された市街化調整区域であれば、農振農用地区域除外申請などの手続きをしなくてはなりません。また借地で開業する場合には、借地契約期間も契約形態によって変わってきますので、事前に専門家に相談した上で地主との交渉をしたほうがスムーズに契約も進みます。また院外薬局で開業される場合には、開業地を選定する際にその土地に調剤薬局が建設可能な地域かも事前に確認する必要があります。基準としては、市区町村により多少異なると思いますが、市街化調整区域で建設予定であれば、周辺の世帯数に応じて建設できないケースもありますので注意が必要です。

 

調剤薬局