調剤薬局監修患者さんを獲得するにはどうするの?

患者の獲得手段について

「患者が誤解しないよう配慮が必要」という理由で、医療機関が広告できる内容については、大変厳しい制限が設けられています。現在認められる広告可能な項目は、医院名や住所をはじめとした基本項目だけです。診療方針(どんな診療をしているのか)、医院の特徴(差別化)などと言った、患者が最も知りたいと思っている項目については広告することが禁止されています。

薬局は調剤をメインに行う調剤薬局や門前薬局のことだけを指すものでなく、調剤室を備えるなど条件を満たして薬局開設許可を受けていれば、ドラッグストアも薬局といえる。

しかし、ホームページについては広告規制の対象外なので、自由に医院をアピールすることができます。

 

ある調査によると、インターネットで知りたい情報トップは「医療関係の情報」でした。医院の「基本情報」は元より、医院の「特徴をアピール」するための情報、差別化をインターネットで公開することができ、認知度を大きく向上させることができ、これは新規患者の獲得に直結します。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

 

さらに、費用においても、電柱、看板、電話帳などいろいろな広告媒体と比べてみても、費用対効果は圧倒的に優れています。昨今のインターネットの普及と共に、医療機関や医療情報をホームページで探す患者が増えていることからも、医院の集患アップのために、 ホームページの必要性は高まるばかりです。 また、他院との差別化を図る、あるいは地域性にとらわれない特殊な医療技術を広範囲にアピールしたい場合の手段としても、インターネットの利用は欠かせません。

 

薬剤師 転職